2016年1月6日水曜日

4Kカメラを今買うな時期が悪い! まもなく各社新型発表 ソニーは4Kハンディカム「FDR-AX53」発表

毎年1月は各社新型ビデオカメラ発表の季節です。





CES2016にて、各カメラメーカーが一斉に新商品を出展します。そのときに新型カメラの概要がわかるわけですが…


私も買って使っている、2014年3月に発売された初代4Kハンディカム「FDR-AX100」は今年で発売2年となります。さすがに今年には新機種が出るのでは?と考えていたのですが…

http://www.sony.jp/handycam/

ソニーのホームページを見ると、FDR-AX100は生産継続、そして下位機種のFDR-AXP35とFDR-AX30がソニーストアで取扱い終了、つまり生産終了となっています。これはおそらくFDR-AXP35/AX30の新機種がまもなく出るということです。

FDR-AXP35/AX30は1/2.3型センサーで画質があまり良くなかったので、できれば1型センサーを積んでほしいものです。(ただ、難しいんじゃないかとは思う)


一方で、FDR-AX100の後継機種は出ないのでは?という予測もできます。それもそのはず、性能的にはこのカメラは余裕で最上位モデルとして通用します。2014年当時と比べてCPU等の半導体部品性能が劇的に向上したということもありません。(個人的にはUSB3.0を介して動画データを直接HDDコピーできないのだけが不満点です。これが解消されれば不満点はなくなります。こんにゃくとかあるけどあれはもうしょうがないと思うし、4K60p対応されるとHDDがますます足りなくなるのでちょっと勘弁してほしい。)


空間光学手ぶれ補正はFDR-AX100にはありませんが、性能を保ったまま補正機構を導入するとボディサイズがさらに大きくなるので現実的ではありません。動画容量を圧縮できるH.265(HEVC)という新世代のファイル形式で撮影したデータが保存されても、パソコン側がH.265に対応してない場合が多いので2016年の段階では現実的ではありません。



とここまで書いてみたら、新製品が発表されているのに気づきました。

FDR-AX100はおそらく生産継続、FDR-AXP35/AX30の後継機種が発表されています。



ソニー、薄型HDR/4K BRAVIA発表。4,000nitの超高輝度4Kも


 4Kハンディカムの新モデルも発売。「FDR-AX53」は、新開発の光学20倍ZEISSレンズと画素サイズを約1.6倍にしたの高感度イメージセンサーを搭載。さらに、ワイドからズームまで強力に手ブレを抑える空間光学手ブレ補正機能や、高速・高精度なフォーカスを実現するファストインテリジェントAF、クリアでステレオ感の高い録音を可能にする新マイク構造などを採用。画質と音質が飛躍的に進化したという。
 また、5軸のブレを補正する空間手ブレ補正+インテリジェントアクティブモードを備えたHDモデル「HDR-CX675」や、小型軽量HDモデル「HDR-CX455」も発表。アクションカムは、ブレ補正機能を搭載した「HDR-AS50R」を投入。手元で電源操作も含めたフルコントロールや直観的な操作が行なえるライブビューリモコンを同梱。4Kタイムラプス撮影や同梱ハウジングを用いた水深60mまでの水中撮影にも対応する。

Sony overhauls its prosumer 4K camcorder


FDR-AX53は$1000ということです。日本向けには「FDR-AXP55」「FDR-AX50」の2機種が投入されるものと思われます。センサーサイズは1/2.3型(4:3のセンサーのためセンサーの一部のみ使用)→1/2.5型(16:9のセンサーにすることで1/2.5型のセンサー全てが使えるようになった)、ということで大した進化はありません。

→2016年1月14日追記 正式発表されました。

FDR-AXP55 と FDR-AX40 の2機種のようです。
http://bcnranking.jp/news/1601/160114_32028.html


こちらの記事もご覧ください

1/2.5型(16:9)センサー 1/2.3型(4:3)センサー どちらのほうが効率的か? 計算
http://rcp193.blogspot.jp/2016/01/12516912343.html






また、HDハンディカムも新型が発表されていますが、私はお勧めしません(たぶんスマホ未満の豆粒センサーなので)。ハンディカムを買うのであれば、最低でもFDR-AX53シリーズ(FDR-AXP55/AX50)の購入をお勧めします。

ソニーのプレスリリース
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201601/16-001/

アクションカム「HDR-AS50R」も発表になっていますね。これはアクションカメラX1000Vよりは性能が低そうですが、60メートルまでの防水にはなっているようです。4K動画は撮影できません。


0 件のコメント:

コメントを投稿