2018年7月15日日曜日

高知県から青森県まで車で行くことの大変さとルートを考察

2018年6月中旬より、撮影9割趣味1割の旅行をしてきました。総走行距離は3030キロくらいでした。その一部(ほぼすべて?)はYoutubeの動画として2018年6月末から公開中です。

私の場合、撮影という大切な作業があるので、事前にルートを事細かく決めます(非常時の迂回ルートも含めて)。2014年頃までは宿を当日15時頃に予約していたのですが、2014年頃からホテル価格が高騰してしまったため、2015年からは宿も事前に決めてしまいます。
今回、事前に事細かく決めたルートを外れることは2回しかありませんでした。
(私はこれらの作業を楽しんで行うことができます。道路を走行し、撮影する作業は全く苦になりません。かなり昔に行った国道16号全線走破の旅も楽しみながら行うことができました(なお未完です))

その中で、事前に計画しているときに「これって大丈夫なんだろうか」と感じた移動が1つあります。「仙台から舞鶴まで高速を使って1日で移動」です。なにせ非常時の迂回ルートが存在しないですし、800キロ弱あるかなりの移動距離です。結果的には全行程の中で一番楽だったんですが、それでもゆっくり休憩しながら12時間かかってますので、一般的には「大変だ」と思われるでしょう。

ここまでが前置きです。最近、高知県の山奥から青森県の上北地方まで車で行こうとする人が複数いるという話を聞きました。
すごく大変そうな移動に感じますが、実際はどうなのか解説するための記事を書こうかと思います。とあるジャンルのお話なので、大部分の人には関係ありません。興味ない方は今回の記事をスルーしてください。







高知から十和田まで、GoogleMapで簡単に調べるとこういう結果が出ます。
1439キロというのはびっくりな距離ですが、東京から鹿児島まで行くのと同じと考えればありえないことはないです。鹿児島から東京へ向かってるトラックは名神とかにたくさんいますしね。

十和田市

ルートも妥当と言われれば妥当です。いくつかルート修正をするとしたら、「藍住~板野乗り継ぎは今回はやらないほうが高速代が安くなるのでやらない」「十和田へは下田百石ICで下りたほうが楽」くらいです。

ところで、「日本海経由じゃなくて太平洋側経由のほうがいいのでは?東京で遊べるし」と考える人もいるかと思います。これだけの距離、太平洋側で大都市部を途中下車しながら楽しみたいですよね。関東近郊に親族がいるなら立ち寄るという選択肢もできます。横浜町田で保土ヶ谷バイパス乗って無料区間だけ通れば保土ヶ谷区や戸塚区までイケますしね。
(これだけの距離ではないですが、長距離ノンストップという旅行をした人の旅行記みたいなものを以前見たことがあります。高知から軽井沢まで1日でノンストップで移動した人の旅行記です。すごく楽しくなさそうでした。しかも宿で持参したお米炊いてるし…)



ここまで書きましたが、日本海・太平洋どちらのルートも使ったことがある私は「途中下車はしたほうがいいけど、絞ったほうがいいし、太平洋側はなるべく通らないほうがいい」と考えてしまいました。

一体なぜでしょうか?

北陸道+磐越道と名神+東名+圏央道+東北道などでは快適度が違いすぎる

北陸道は交通量も適度にあってアップダウンも少ない良い高速です。磐越道は一部対面通行でアレですが、全体的には良い高速です。東北道も快適です。



一方で名神東名ルートはできることならあんまり運転したくない高速です。大量のトラック90追い越し合戦に巻き込まれますし、夏場なので渋滞も予想されます。



新名神、新東名が開通して若干マシにはなりましたが、これらの道は建設時にいろいろ邪魔されて片側2車線+激狭路肩のクソみたいな高速になってしまいましたので、追い越し合戦だらけで走ってて疲れます。


まだ東京で消耗してるの?って運転もせずにブログで煽りたい人にはかえってネタになるのかもしれませんが、運転している人からしたらたまったもんじゃありません。


運転しない人はいいけど、運転手は大変

それから非常に重要ですが、片道1400キロっていうのは休憩挟んでもかなりしんどいです。助手席に乗ってるだけの人は楽かもしれませんが、運転手からしたらたまったもんじゃないです。(もちろん、免許持ってる人が全員交代で運転するのが普通だと思います。この長距離で交代させずに1人に運転させるような人はいないと思います)

しかも1400キロの行程すべて慣れている人ってのは職業運転手でもなかなかいないんじゃないかって思います。慣れない道の連続ですから、大変です。
途中下車は少なくしたほうがいいっていうのは、運転手の負担軽減目的でもあります。インター近くのホテルに泊まるとかなら構わないですけどね、市街地のホテルに泊まるとかはやめたほうがいいです。


私ならどうするのか?

交通費が出るなら絶対に飛行機で行きます!出なければ?飛行機+車だと思います。

田舎~田舎の移動をする場合、最短最速で行くには飛行機2回乗るのが(コストはともかく)パフォーマンス面を考えても有利ですが、1回だけ飛行機に乗るという選択肢でだいぶコストを抑えられます。
たとえば四国の人が東北に行く場合、神戸空港まで車で行けば仙台までの便があります。仙台についたらあとは350キロくらい運転すれば上北地方です。
運転する距離が半分にまで減りました。まあ大変ですけどね。



オール車で行く場合は、最低(往復)7日はかけます。もちろん1日でいくらでも行くことはできますが、高知発の場合だと1日目は福井もしくは金沢付近まで行くのが限界でしょう。
2日目は福島くらいまでは行けるかと思いますが、それでもまだ400キロは残っています。
それくらいの距離があります。

太平洋経由の場合はもっと大変です。1日目に近畿から東海で休んだあと、2日目は関東に泊まります。2日かけて関東よりも先に行こうと考えてはいけません。ましてや親子連れだと大変だと思います。
3日目に一気に東北道を走りきって上北地方に着きますが、着いたあとは何もできないくらいの疲労度だと思います。みんな運転してるわけですから。



運転する人にかけたい言葉

大変だと思いますが、頑張ってください。そして運転免許持ってる人が複数いるなら、途中で変わってもらったほうがいいと思います。信用できない運転手でも北陸道なら安全です。東名や名神は…。
運転免許を持っているのにほとんどもしくは一切運転しない人が仮にいるとしたら、それはもうクズと呼ばれてもしょうがないレベルのクズだと思いますので、クズだと言われたくなければ運転しましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿