2016年4月21日木曜日

不正発覚の三菱車および日産向け「デイズ(EK)」はいくらなら買いか

「三菱車は不正がなくても技術的に遅れているところがあるので、不正がなくても現在の本体価格ではお買い得じゃないし、不正があって価格が下落してようやく適正価格である」
というのは私の以前からの印象ですが…

特に「デイズ」「デイズルークス」「ekワゴン」「ekスペース」については要注意です。




まず日産三菱の軽について、エンジンに問題があります。
リアエンジン・リアドライブ専用に開発されたターボ専用エンジンを一般的な前輪駆動車向けにも使いまわして、さらにターボも外しているのが最大の問題です。

三菱の「アイ」という車は知っているでしょうか。

これはmievのほうですが、ガソリン車のほうが先に発売されました。

で、この車がリアエンジン・リアドライブという特殊な形状なんです。そしてその車に合わせてエンジンが開発されました。(3B20というエンジンです) しかもターボ専用で設計されました。それをデイズやデイズルークスにも無理矢理使いまわしています。(3B21というエンジンです)

元々、アイはベンツの「スマート」として開発されたが話がなくなったんじゃないかという話があります。(未確認情報で噂レベルのものです) この車が販売された当時に、三菱コルトがスマート「フォーフォー」という車としても売られましたから、案外本当なのかもしれませんし、本当じゃないのかもしれません。

その車向けのエンジンを開発したのは良いのですが、使いまわしが難しいし使いまわしてもパフォーマンスは落ちます。ターボなら落ちませんが、ターボを買う人は少数派です。


元々、三菱自動車の軽自動車向けのエンジンは「3G83」という古いエンジンを1990年から20年以上も使っていましたが、2010年代になっても後継エンジンが出てきませんでした。推測ですが、エンジンを開発する余裕すらなかったと思われます。2000年代後半にかけて、いろいろな車種をフルモデルチェンジできずに生産終了にしてきました。
軽自動車は日産の資金によって生産は継続できることになりましたが、3G83をさらに使い続けるわけにはいかないので3B20型エンジンを改良して使うことにしたのでしょう。

しかしアイ専用エンジンを無理矢理延命しようとしても他社と対抗するのは難しい。




このように、現在の三菱自動車は

資金不足
自社技術を新しくできない
→他社と差をつけられる
→売れない


という悪循環に陥っています。そのような会社の車でも、2000年代程度の技術はあるので(コストを度外視した場合)車として何の問題もないのですが、いかんせん他社が2010年代の技術を使った車をたくさん出しているので、他社並の価格では売れませんし、他社のエンブレムをつけて売っても見劣りします。

三菱車は安ければ買い、ただし乗りつぶす必要があるしディーラーの質は良くはない(少なくとも私の地元では一番酷い)という特徴は不正発覚前から私の印象としてあります。
酷いことを言うと「技術は劣るので安くなければ見向きもされない」ものです。


例外的にPHEVのアウトランダーは割と良いものですが、電池をたくさん積んでる割には安いから良いというだけのものです。それにガソリン車等と比べるとコストパフォーマンスはあまりよくありません。430万円も出して高知の山奥で乗って自慢するような類の車ではありません。この車は安く買って自慢するものです。400万円以上も出すものではない。400万円以上出すならBMWのi3を買って自慢するほうがいいですね。
また、アイおよびアイミーブ、それからコルトも良い車ではありますが、ベンツ向けに卸す必要があったため製品レベルが他と比べて向上しているだけと思われます。同様の理由でプジョーシトロエン向けに卸しているアウトランダーやRVR(現行)も悪くはないのかもしれません。


この辺を考えると、不正が発覚しても特に印象は変わりません。古臭い技術を組み合わせて良い車を作ることはできなくもありませんが、燃費面ではどうしても劣ります。燃費面で劣る場合、どうすればよいか…そうだ不正をしよう、となったのでしょう。カタログ燃費でインチキしようがしまいが実燃費との乖離はありますからばれませんしね。

特にデイズの場合、ターボ専用エンジンからターボを取り外しているため、ただでさえ力不足の660ccエンジンが余計力不足となっています。デイズが走らない登らないと不満が価格.comとかに殺到していますが(それも2013年から)、そりゃそうだわとしか言えません。





デイズ、デイズルークス、ノンターボについては本体価格から40万円引いた価格が適正ではないかと私は考えています。きつい言い方ですが、ノンターボのデイズはいくら安くてもあんまり乗りたくない。駄目だとわかっているから。

軽で坂道登らないのは多少なら別に構わないんですが、特にデイズルークスの重量で燃費制御(燃費を良くしようとするため踏んでも踏んでも力が出ない)されるとうーん…ちょっとなあ。

一方で三菱自工とは関係ない内装だかは最新ですし、スライドドアとかもついてる車種もありますのでそこまで値段は下がらないんじゃないかという考えもあります。あれでも旧型のEKワゴンよりはマシだろうしなあ。そう考えると、安いからデイズを買うという行為はあまりしないほうが良いでしょう。




ターボについては割安なら文句なしで買いですが、採用されているエンジンが元々ターボ専用エンジンだった、という特性を知っている人が多いと思われますので、思いのほか値段が下がらないでしょう。


他の三菱車にも波及する可能性が高いと言われていますが、原則的に割安なら買いですが、割安じゃなければ買いではありません。

それよりもこの出来事がきっかけで、国内ディーラーがなくなるんじゃないかという不安があります。三菱は完全に海外依存、全生産台数の9割以上が海外向けに販売されているので国内にディーラー網を構築する意味はあまりないんです。まあディーラーがなくなることはなくても1県に1か所とか、四国なら4県に2箇所くらいしかディーラーがない、という事態になりかねません。

こうなると購入してもアフターサービスを受けに他県にまで行くという輸入車並のことをしないといけなくなりますのでその点でもちょっと不安ですね。


(個人的な意見 いくら安くても三菱車は買うべきではないと思っています。3度目の不正はさすがに想定していなかったので驚いてもいます。潰れろとはいいませんが、国内市場からは退場させるべきでしょう。)

1 件のコメント:

  1. 三菱自動車は三菱グループのお荷物なんですかね?

    返信削除