2016年2月11日木曜日

たとえ詐欺師が田舎に移住してきても、過疎地の住民からすればそりゃ最初は歓迎して支援するよねって話

もしあなたが、時給693円で休みも少ない長時間労働の職場しかないロクでもないクソ田舎に住んでいるとします。そのクソ田舎に与沢翼レベルで、ねずみ講まがいのことをやっている人が「東京はもう住む価値がない、これからは地方だ」と宣言して移住するとします。そして大きく話題になるとします。そりゃたしかに原住民としてはひとまず歓迎すると言わざるを得ない。


その人は東京批判をして地方上げをするからいい印象しか持ちませんが、常に誰かしらを批判するのでそのうち地方在住者の一部も攻撃対象になってそっぽを向かれだします。しかしながら私ら田舎者はクソ低賃金ブラック労働が蔓延しているクソ田舎にうっぷんがたまっているからまだ歓迎しているのですが、そのうち、我々をカモにし始めます。金を払わせるんですね。フリーミアムなだけならいいのですが、有料でこれでもかというほど搾り取る、そして搾り取られる側には夢を見せて可能性があるように見せかけます。そこでやっと一部の人は気づくわけですね。我々は養分だったのかと。私は気づいたのがかなり遅いほうだったので駄目ですね。



割とどこでも起こり得て、誰でも騙されやすいかもしれない


誰のことを言っているかはご想像のとおりでしょう。しかし田舎者がそんな人を歓迎してしまう土壌は理解してほしいとは思っています。なにせ田舎はマジで救いのない世界ですからね。君らも清原騒動知ってるならあの死んだような目をしたとある元プロ野球選手の浮浪者を見たでしょ?あのレベルが四国にはたくさんいるのです。
割と救いのない世界だから東京へどんどん人が流出しますが、中には諸事情があって私のように移動できない人間もおります。そうなると何か変えてくれるかもと外部からのニューフェイスに期待をしてしまうのです。


何かどこかで似たような話を聞いたことがありませんか?小泉改革だったり、あるいは佐賀県武雄市だったり、最近だとトランプ候補だったり。うっぷんがたまるものの自力ではどうにもできない場合、何か変えてくれる人が既存の構造を批判をしながら出てくるとそれを大きく支持してしまいます。そして何が起こるのかといえば、その手の人と利権団体に利益が最大化するように構造が変わります。それだけです。支持者には特に何の得ももたらしません。残念。それどころかかえって損をする可能性もあります。彼らは賢いので、自分の利益が最大化することにだけ専念しますから。偶然良い影響をもたらす場合もありますが、ヒビノさんは実力があったからこそでしょう。
低学歴の低所得者ほど支持が大きくなりますが、それには彼らのうっぷんというものが大きく影響しているのかと思われます。事実、四国の彼の回りにはそんな人が多い。収入が少ないと、最低限の金を得ようとして必死になってしまいますからね。

でも面白いものですね、武雄市と高知の両方でカモになる人もいるというのは。ある意味希有な人材なのでこれから詐欺を働こうとする人は彼を絶対に雇うべきだと思います。彼が得をするから彼のことについての情報が載ったリンクは貼らない。







もし詐欺師っぽい人が身近に移住して権力者になろうとしてきたらどうする?

とりあえずは利用するだけ利用して怪しくなれば関係を断つ。彼らのことは金になると思えば接近するし、思わなければ離れる。それは無理だと人情的に思った場合は、金は払わずに適当に付き合っておく。金を払ったらアウトです。もし魅力的な話を有料で持ち掛けられた場合はどうするかといえば、その手の話が無料でないかを調べること。0円でもいい情報を永続的に金を払わせようとするのが常套手段なので、金は払わないようにする。特に月額課金は要注意。




ちなみにそんなことを言いながら私も月額課金制度は用意しています。ダブスタですが。私の場合、月額課金は「車載動画であの道路を撮ってきてほしいとリクエストをどうしても通したかったら金払ってください、そりゃ無料で撮影して公開したいけど撮影しにいくのもタダじゃないんだから今の段階では金もらわないと無理です」という強烈な意思表示のために行っています。◯◯という道路を走ってくれと1人で何十ヶ所もリクエストしてくる人がたまにいるものですから…。

(追記 後に月額課金制度は大幅縮小することにしました。システム自体の削除はしませんが見返りはありません。純粋に寄付用途でしか使えないようにしています)


批判してくる勢力については、「批判記事を見なければいい、そもそも近づくな」と反論してくるのですが、(私も言われるかもしれない)、正しいことをしているのであれば特命の批判記事におそれることはありません。図星だから批判記事を見られて離反されると困るのです。とにかく金蔓が1人でも多いことが重要だから、批判はあってはならないのです。だから批判している人は弾圧の対象になるか、影響力がない虫けらであれば、無視されるだけで終わるでしょう。そう、私もね。


0 件のコメント:

コメントを投稿