2016年1月21日木曜日

アシアナ航空がLCC「エアソウル」設立へ、日本へはどの空港へ就航?

アシアナがLCC設立 米子就航可能性もhttp://www.nnn.co.jp/news/160113/20160113007.html

というニュースが入ってきました。記事を読む限りでは仁川~日本の地方空港路線をLCCに置き換えたいように見えます。ということでどんな路線が出てくるのか調べてみることにしました。




http://jp.flyasiana.com/C/ja/homepage.do?menuId=001012000000000&menuType=CMS

このページに飛んでみて、2016年1月現在の就航路線を調べてみます。


ソウル(仁川)便がある空港

旭川

仙台

羽田 成田

静岡 中部 富山

関空

米子 広島

高松 松山

福岡 熊本 宮崎

那覇



ソウル(金浦)便がある空港

羽田 関空


釜山便がある空港

那覇


ということになっています。







ということで、置き換えたい便が見えてきます。

旭川 仙台 静岡 富山 米子 広島 高松 松山 熊本 宮崎

あたりは確実に置き換えられてしまうでしょう。しかし、見方によってはLCC初就航の空港もあります。特に富山にとっては貴重なLCCです。おめでとうございます。




  • 大手航空会社が、地方路線をLCCとして運用する事例



似たようなことをやってのけた航空会社はあります。

ドイツの「ジャーマンウィングス」という会社が代表例です。この会社は「ルフトハンザ航空」の子会社として、地方路線を中心に運行するLCCの役割があります。おそらく目指すのは韓国のジャーマンウィングスではないでしょうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿