2016年1月20日水曜日

碓氷バイパス事故、事故直前の車両が映った監視カメラ公開 事故原因を推測

事故直前のバスが映った映像が公開されました。一説によると、事故直前は80km/h出ていたという話です。



このブログでは私が事故原因を推測してみます。

  • 運転手は正常な判断ができる状態だった

映像を見れば明らかです。車体に何か問題が発生したことがわかります。そして、運転手が未熟だったから起きたわけではない異常が起きていた可能性が高いと考えられます。


運転手が未熟であれば以下の3つの現象がおきますが、起きていたとは考えにくい。

  • ベーパーロック現象ではない
長い上り坂のあとに1km程度下り坂が続いたくらいでベーパーロック現象は起きません。

  • フェード現象でもない

長い上り坂のあとに1km程度下り坂が続いたくらいでフェード現象は起きません。


  • エアブレーキが効かなかったわけでもない

エアブレーキが効かなかったなら乗客が気づいているはず。それに長い上り坂のあとに1km程度下り坂が続いたくらいでエアブレーキが効かなくなるなんて考えられない。そして運転手はトラック運転経験自体はあるのでエアブレーキの扱いに慣れていなかったとも思えない。









というわけなので、

  • トランスミッションもしくはブレーキもしくはアクセルの故障?

という可能性が考えられます。というかそのどれかではないかと思われます。エンジンブレーキが効いてないように見えるので、Nに入って固定された状態になったのか?それともアクセル踏みっぱなしのまま下り坂に入って戻らなくなってしまったのか?真相はわかりませんが、車両の故障が原因である可能性が高いと思われます。


そして


運転手はやれるべきことをすべてやったが万策尽きて事故を起こした

ということがわかります。運転手に過失はなく、問題は20年落ちのボロバスを買ってギリギリで運用していた下請けバス会社、その状況にさせるほど安く業務を請け負わせていたキースツアーの2社にあります。



  • 他人事ではない


この手のボロバスを使ってギリギリ運用している会社は五万とあります。そしてバスだけでなくトラックも、そしてあなたの家の車ももしかして…

0 件のコメント:

コメントを投稿