2015年8月24日月曜日

大妄想 新中央自動車道のルートを考えてみる (その1)

注意!
この記事はあくまでも妄想なので、真に受けないでください。
実現可能性は0%です。


かなり昔に「実現不可能なものの作られたら面白そうな高速道路」を考えてみたことがあります。
その1つが第二中央道という名前の高速道路です。


今回はその一部を紹介します。
次回もこの続きを紹介するかもしれないですし、しないかもしれません。
ただ今回のルートはあったらいいなあと思わせる夢のあるルートではあります。
(次回以降のルートはムチャクチャであってもなくてもいいような感じです)

まず最初は、新宿から多摩方面(西武新宿線沿い)に伸びる構想のある
首都高速道路の計画に乗っかってみました。

新宿から瑞穂町までは大深度地下で、そこから地上に上がって青梅で圏央道と接続します。
そこからは飯能、秩父、小鹿野、神流、上野村、佐久穂、立科、と経由して松本まで行きます。
松本を通り過ぎて塩尻で長野道との連絡線を設け、さらに新中央道は西へ進むといったところです。


このルート、数年前に考えたときは上野村から御巣鷹山の下をくぐって川上村方面へ、
そこから清里を通って中央道に連絡する予定のものでした。

ただ、このルートは今思えばかなり無謀な計画なので、
この記事ではより計画実現性の高そうなルートに変更してみました。
いずれにしても計画実現性は0ですが。



仮にこのルートが開通したらどうなるかも考えてみます。

軽井沢・佐久方面の最短ルートとして機能するのは間違いないでしょうね。
それで上信越道がガラガラになるかなと思います。
関越道の渋滞は解消されるでしょう。

中央道小仏の渋滞は劇的に緩和されることがなさそうな気はしますね。
ただ、中央道(岡谷より東側)の交通量は少なくなるのかな?
中央道の渋滞解消を考えるなら、川上村~清里方面へ高速を伸ばしたほうが良いでしょうね。

最も恩恵を受けるのは東京の西側の新青梅街道沿線、秩父、松本です。
秩父の観光客は激増しそうな気はします。車ではなんとも行きづらい場所なので、高速があると便利でしょうね。
松本からは上田・佐久方面へかなり行きやすくなります。

八ヶ岳の影響は受けますが、それ以外の火山の影響を受けにくいルートではあります。
浅間山、箱根山、富士山を回避できる唯一のルートと言えるかもしれません。
もっとも、この先、新中央道は御嶽山の近くを通るのですが…

その2に続く

その2
http://rcp193.blogspot.jp/2015/08/2_26.html

0 件のコメント:

コメントを投稿