2014年12月9日火曜日

古い軽自動車の軽自動車税は、2016年度より7200円→12900円に増税されます

2016年度以降に、13年以上経過の軽自動車を所有している場合、
軽自動車税が従来の7200円から、12900円に変更となります。

2016年度時点で、2003年以前式の軽自動車を所有していたら、7200円から12900円に増税となります。


なお、4ナンバーの場合(軽トラ、軽バン、アルトバンやミラバン、ミニカバンなど)は
4000円から6000円へと変更になります。


意外と知られていないと思われるので、簡単にブログ記事としてみました。





軽自動車と登録車の税金に差があると主張したら、
軽自動車の税金が上げられて登録車の税金は下がりません。
これが現実です。
登録車も一定以上古い場合は重量税が増税されます。

また今度記事を書こうかと思いますが、これからの税制改革で、
もっとも得をする車の買い方(税金が減免される)
大排気量のハイブリッド車を1~3年おきに新車に乗り換え続ける場合です。
この場合がもっとも環境にやさしいとして減税(免税)額が最も大きくなります。

0 件のコメント:

コメントを投稿